書籍レビュー:Unity2017入門 最新開発環境による簡単2D&3Dゲーム制作

参考書というか技術書は月イチでまとめて買っていて、今後は読み終えたらブログに感想などをまとめていこうかなと。

それでは早速ですが、今回は「Unity2017入門 最新開発環境による簡単2D&3Dゲーム制作」(通称:ヒヨコ本)を読み終えたので感想をまとめます。

どんな本か

いちばん簡単なUnity入門書がさらに「わかりやすく」なりました!

煽り文句としては、こんな感じ。

Unity4やUnity5でも出版されてた書籍らしく、今回はUnity2017版に対応した情報をまとめたようですが、自分は前のバージョンを知らんので差異はわかりません。

実際の内容

内容としては、Unityの基本的な使い方から始まって2Dゲーム3Dゲームのサンプルを1つずつ作っていき、ちょろっとスマホ向けに改良してビルドするまでの流れを説明してる感じ。

本書はC#のコードを扱ってますが難しくない&そこまでプログラム自体書かないので、プログラムを全く触ったことがない初心者には特にもってこいな印象でした。

3Dゲームはアセットストアを使ってサンプルを作るので、アセットの作りや仕組みも学べます。

気になった点

まずamazonのレビューでも言われてますが、サンプルが少なすぎる。

そしてサンプルが少ない分ゲームの質がいいかと言われるとなんとも言えない感じ…。
基本を理解するだけならこれでもいいとは思うんですけどね。

もし2018版がでるのであれば、次はサンプルの量を増やすか質を上げてくれるのを期待してます!

まとめ

気になった点はありますが、自分のようなUnity初心者の方は購入検討をしてみてもいいかなと思います。

ただUnityを使ったゲームの作り方をふんわりと理解できますが、理解できるだけなのであくまで入門書と割り切って買うことをおすすめします。

実はもう一冊入門書を買っていてそろそろ読み終わったら、こちらも後日感想をまとめようと思います。