MAMPとWordPressのインストール&環境構築

WordPressでサイトをやろうと思った時に、最初からレンタルサーバー借りて簡単インストールして〜ってのもいいですが、作業の効率を考えるとローカルサーバの環境を構築するのが無料でできるしテスト運用やお試しでやってみるのにもいいと思います。
今回はMacでよく使われてるであろうローカルサーバ環境を構築できるアプリのMAMPインストール〜WordPress環境構築まで一気に説明します。

MAMPとはなんぞや?

MAMPはMac、Apache、MySQL、PHPの頭文字をつなげたもので、要はWebアプリケーションを開発する環境をローカルに作れるアプリです。
名前の通り元々Mac向けに開発されてたけど、Windows版もでています。
まあWindowsだと同じようなアプリでXAMPPのが一般的なので、無理にMAMPを使う必要はないかと。

MAMPのインストール

MAMPサイトからインストーラをダウンロードします。

ダウンロードしたインストーラを起動しインストールしてください。
インストールは手順にしたがってポチポチ押してれば終わるんでここは割愛。

MAMPのインストールが終わったら

MAMPを起動すると以下の画面がでてきますので、「サーバを起動」を押してください。

起動したらブラウザ側でページがでてきますが、次の手順で必要になるので、そのままにしておいてください。
※閉じてしまった場合でも、「Open WebStart Page」を押すと同じページがでてきます。

ローカルサーバが起動したら次はデータベースを作成していきます。

データベースの作成

WordPressは、データベースにアクセスして動的にページを作り出す仕組みのなのでデータベースを作成します。
MAMPを起動した時に出てきたページからデータベースの管理画面にアクセスします。

データベースの管理画面が表示されたら「データベース」タブをクリックしてください。

「データベースを作成する」にデータベース名を入れます。今回は「wp-test」としておきます。

データベース名を入力して「照合順序」の項目を「utf8_general_ci」に変更後、(画像のように変更しなくても「照合順序」のままでも「utf8_general_ci」に自動で変更される)「作成」を押すとデータベースが作成されます。

作成したデータベースを確認する場合は「データベース」タブから確認できます。
これでWordPressをインストールする準備ができました。

WordPressのインストール

次はWordPressをローカルサーバ環境にインストールします。
WordPress公式サイトから本体をダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍し「wordpress」フォルダに入ってるファイル一式を「MAMP」→「htdocs」にコピペします。

ファイルのコピペが終わったらスタートページの「私のウェブサイト」もしくは「http://localhost:8888/」でインストール画面に遷移します。

データベースに接続するための入力項目がでるので、今回の場合は以下の情報を入力します。

データベース名:wp-test
ユーザー名:root
パスワード:root
データベースのホスト名:localhost

入力が完了したら「送信」をクリックします。

問題なければWordPressのインストールに移ります。

あとはサイト名やWordPressにアクセスするID/PASSなどの必要な情報の入力します。

入力に問題がなければ以下の画面が表示されます。

実際に管理画面にログインして確認してみます。

先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力して、「ログイン」を押します。

無事に管理画面が表示されれば完了です!

補足

MAMPはデフォルトでは複数ドメインでの運用ができない(PRO版はできるらしい)ので、複数ドメインで運用する場合はこちらを参照してみてください。