Monaca開発講座に行ってきました

Web業界の人でも以外と知らない「Monaca」というサービスがあります。
なにかというとWebの技術だけでiOSとAndoroid両方のアプリが作れるサービスなんです。
会社から助成金云々で興味があるセミナーに行っていいよとお達しがあったので、先日行ってきました!

普通ならアプリを作る場合、iOSならObjective-CとかSwift、AndroidならJavaとかKotlinと言語も仕様もバラバラで大変なイメージですが、MonacaならHTML/CSS/Javascriptで開発できるからワンソースでどちらのOSも対応できる!
このようなアプリを「ハイブリッドアプリ」と呼びます。
このハイブリッドアプリを作る開発環境がMonacaなんですが、そもそもハイブリッドアプリとはなにか、最初に説明しようと思います。

ハイブリッドアプリとは

ネイティブアプリとwebアプリの特徴を合わせ持ったアプリを「ハイブリッドアプリ」と呼びます。
ハイブリッドアプリはwebの技術を使って開発していきますが、出来上がったアプリはネイティブアプリと同等のものになります。
考え方としては、外側はネイティブコードで作られてるけど中身はwebで作られてるといった感じ。

今の時代SPA(シングルページアプリケーション)もあって無理にアプリにしなくてもいいんではと思う人もいるかもしれんけど、ハイブリッドアプリにするとネイティブ機能を使えるのが大きな利点になります!

具体的にはカメラ、コンパス、ポップアップなどの機能が使えます。(Monacaのデモアプリでも確認できます)

それを可能にしているのが、「CORDOVA」というオープンソースのフレームワークです。
昔はPhoneGapなんて呼ばれてたやつなんで、聞いたことある人も多いかも!

Monacaとは

ハイブリッドアプリの説明はこれぐらいにして本題のMonacaとはなんなのか。
Monacaとは先ほどのCORDOVAでの開発環境のことで主な機能は以下の3つになります。

・IDE(統合開発環境)
・Monacaデバッカー
・ビルドシステム

機能の詳しい説明は公式サイトを見てもらうとして、このなかで1番ありがたいのがMonacaデバッガー!
アプリストア(App Store、Google Play)からダウンロードして使えるデバッグ用のアプリで、自分のアカウントでIDEとデバッガーを繋げると実機での動作がリアルタイムで確認できるスグレモノ!!
ネイティブアプリをよく開発してた人ほどこの機能はありがたいと思うんではないかと思ってますw

実際の講座内容

講座では上の3つの機能の説明や使い方、簡単なデモアプリを作ったりと配布された資料を見ながら進んでいきます。
当日はMonaca入門編と合わせて、Onsen UIと呼ばれるUIフレームワークの講座もあったのでこちらも同時に受講しました。

Onsen UIの講座内容は、実際にOnsen UIを使ったメモアプリを作って仕様を把握するのが目的な感じでした。
簡単なアプリならMonacaとOnsen UIだけで実際なんとかなりそうな印象!
ちなみに特定のJavaScriptフレームワークに依存していないため、jQuery/Angular.js/React/Vue.jsにも対応しているそうです。

まとめ

webに携わっていてアプリ作ってみたいな〜なんて人には敷居も低いので受講してみるのもいいと思います。

MonacaをはじめSPAを全く触ったことがないのであれば、「Monaca入門編/Onsen UI入門編」同時に受講するのをオススメします!