プログラミング学習サービスを使ってみよう!

webサイト制作を生業としてる今でもプログラミング学習サービスは時々使ってます。
たまに復習も兼ねて終わったレッスンや新しいレッスンなんかをやってると成長してんな〜とか思ったりしてますw

ただドットインストールを始めとする動画見て勉強する系は自分に合わなかった…。
マルチディスプレイで勉強してても片方で動画再生しつつもう片方でコード書いて〜ってのがすごく煩わしい!!

そんな自分と同じように感じる方は、ProgateCODEPREPがオススメです!
※CODEPREPは2018/9/30でサービス終了予定のようです。

今回はCODEPREPの中の人もオススメしているProgateを紹介します。

Progateとは

Progateは冒頭にも紹介したようにプログラミング学習サービスの1つです。
Webの主要な言語やアプリ開発で使用されている言語がこのサービス1つで勉強できます。

無料会員だと基礎レベルの15レッスンが受けられて、月額980円を支払えば全レッスンが受けられるようになりますが、まず無料で触ってみて感触を掴んでからでもいいと思います!仕様が合う合わないとかありますからね!

実際の進め方としては、「解説ページ」でその項目でやる内容の予習をしたあと「演習ページ」で実際にソースコードを書いていくスタイルです。

解説ページ
演習ページ

レッスンをクリアしていくとレベルがどんどん上がっていきますが、人によってモチベーションを保つ要因になるんだろうか。
特典とかあれば嬉しいけど今のとこないし個人的にはなくてもいいかな〜。

注意点

今回Progateを紹介しましたが、プログラミング学習サービス全体の問題として、手軽に大まかな知識を得られるメリットがある反面、それだけでは「例題にないページを作りたい」、「◯◯のような演出にしたい」などが出てきた場合にどうしたらいいのかわからなくて困ることが多いです。

タイトルでも「使ってみよう!」なんて謳ってますが、大まかに勉強するきっかけや復習として使ってみるのがいいと思っています。

まとめ

初心者だと開発環境を整えるだけで挫折したり面倒だったりしますから、まずはこういったサービスを使ってなんとなく感覚を掴んでから、参考書を読んだり実際にサイトを作ってみるといいかなと。
もちろん参考書などで勉強してから自分のように復習として使うのもオススメですよ!