書籍レビュー:Unityの教科書 Unity 2017完全対応版

前回の記事で書いていたもう一冊の入門書は「Unityの教科書 Unity 2017完全対応版」でこちらの感想もまとめていきます。

今回は「ヒヨコ本」という名称がよくでてきますが、ヒヨコ本とは前回書いた「Unity2017入門 最新開発環境による簡単2D&3Dゲーム制作」のことで、詳しくはこちら

内容

各チャプター毎のお題に沿ったサンプルを作ってく感じですが、これでもか!ってぐらい丁寧に説明してくれているのですごくわかりやすいです。

ただヒヨコ本よりコードを書くことが多いので、プログラミング経験がないとちょっと辛いかも。
と言っても一応C#の基礎を説明しているチャプターもあるんで、そこはなんとかなるかなとw

ちなみに副題に「2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座」となってますが、サンプルがスマホ向けに最適化されているだけでPCゲームの仕組みも理解できると思います。

気になった点

アセット(ストア含め)の使い方にはほぼ触れなかったのが少し残念でした。

公式サイトからダウンロードするファイルで対応できる構成なのはいいんですが、実際にゲームを作るときは大なり小なりアセットは使うと思っているので、アセットを使ったチャプターも欲しいと思いました。

まとめ

ヒヨコ本同様「Unityの教科書」も自分のような初心者向けですが、同じ金額払うなら個人的には「Unityの教科書」を推します。

理由としては「サンプルが多い」、「初心者向けのC#スクリプトの説明」、「Unityでゲームを作る上での考え方」が書かれているところです。

とは言ったものの「Unityの教科書」もこれ一冊ですべてを網羅している本ではないので、あくまで入門書としてオススメします!

ちなみに6月にはUnity2018対応版が発売されるそうなので、急ぎじゃなければこちらの発売を待つのもいいかと!